興信所の比較

比較

一番安いのは原一探偵事務所

探偵事務所の仕事は同じでも、そのやり方や人の動員数などから、意外と料金に差が出てきます。

大手興信所である、MR原一探偵事務所、ガルエージェンシーを比較すると、
原一探偵事務所が最も安いと評価できます。たとえば、丸1日浮気調査を依頼すると12万円かかります。これに対し、MRやガルエージェンシーはホームページを見ても、はっきりとした金額は書かれていません。

調査方法などによって、変わるということです。

ただし、よくよく見ると依頼1件あたりの売上平均が100万円を超えると書かれています。
仮に5日間かかるとしても、1日あたり20万円になってしまいますから、原一探偵事務所と比較すると割高と言えます。

男女の浮気

調査が難しい

浮気調査が一番むずかしい。

浮気調査、財産調査、人探し、身元調査のうち、浮気調査が最も難しい仕事と言われています。

なぜなら、尾行をすることになるため、相手に気づかれる可能性が高いからです。当たり前のことですが、調査されていることがわかれば、警戒されてしまい証拠をつかむことはできません。

ですから、調査対象が、動いても、しっかりと尾行して証拠を抑えるために、調査能力が高い興信所を選ぶことが重要です。安さを基準にするのも大切ですがきちんと複数人で調査にあたってくれるかどうかも確認しましょう。価格の安さにつられて、小さな探偵事務所に依頼したところ、一人しか動けないという場合もあるので要注意です。

以上のことを考えると、大手でかつ、値段が良心的な原一が最もおすすめと言えます。

夫と妻では浮気や不倫をした際に大きな違い生まれるようです。夫がおしゃれなどに気をつかうように女性が気を使うようになるのは同じです。違うのは家事や子供の世話がおろそかになりがちということでしょうか。また浮気が発覚した後の対応も大きく変わります。男性が反省してもう浮気はしないという人が多いのに対し、女性の場合は開き直る人が多いようです。また、興信所の利用についても違いが認められます。男性は利用する人は少ないのですが、一度探偵と契約をすると、いざ妻が不倫をしていなくとも、「不倫をしているはずだ」といって、ずっと依頼を継続する傾向があります。その結果、何百万というお金をつぎこむのです。女性の場合は、ある程度の依頼をして証拠が出て来なければ不倫はなかったと納得する傾向があります。なお、単に手をつないで歩いてるという程度では、倫理的な追及はできても不倫の慰謝料請求は難しいと言えます。裁判所は不貞行為があった場合にのみ慰謝料の支払いを認めています。また、二人の間で、不倫があったことを認めていても裁判所でやっぱり不倫はしていないといった主張やすでに家庭は崩壊していたなどの主張が出てきた場合は、きちんと、審理がおこなわれます。

Copyright © 安い興信所はどこ?興信所の徹底比較 All rights reserved